Logimeter

無料トライアル

お知らせ

大型バージョンアップ実施のお知らせ

物流ソリューションプロバイダーのITスタートアップ企業、株式会社KURANDO(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡澤 一弘)は、同社が提供している作業日報電子化・庫内業務可視化アプリ「ロジメーター」の大型バージョンアップを実施いたしました。

機能追加、バージョンアップ内容


◯ 登録時間誤差、割増賃金を考慮したコスト計算


従来のロジメーターでは、基準の業務開始/終了時刻と実際の打刻時刻に数分の誤差が発生し、収支分析上にも影響が出ていました。
本アップデートにより基準業務時刻でのコスト計算が可能となります。
また、時間外、深夜、休日出勤における割増賃金も自動計算されるようになり、休日出勤、残業発生過多のアラートにも活用できます。

◯ リアルタイムでの人員配置状況把握


作業者が100名を超える大型センターや、複数階での運営をするセンターにおいて、人員配置状況をリアルタイムで正確につかむことは難しいものとなっております。
そこで、人員配置状況をリアルタイムで把握できる新機能を開発いたしました。
直前1時間での人数増減数も表示され、計画的に人が移動しているかもチェックすることが可能です。
また、作業者ごとに所属グループを設定することができ、別グループからの応援人数なども把握することができます。

◯ 独自の「予算グループ」での収支管理

大型センターなどでは、1センター内に複数の予算管理目標が存在します。(例えば3PL企業では契約物流単位など)
本アップデートにより、任意の予算グループ別に収支実績をレポート化することが可能になります。
保管料、リース代などの間接費も含めることができ、より多角的で精緻な分析が可能となります。

今後の展開


ロジメーター上に蓄積されたデータを活用すべく、以下の機能実装などを検討しております。

● オーダー数予測支援機能
● 必要人時の割り出しなど、シフト管理支援
● CSVデータ取り込みなどによる、データ連携強化
● 複数拠点の横断比較機能

また、今後2年間でおよそ500現場、5年間で2,500現場への導入をめざして参ります。

本件に関するお問い合わせ先


お問い合わせフォームより、お問い合わせ内容をご記入ください。